スイーツ

必ず喜ばれる似顔絵ケーキの作り方

どうも、

Yume no okashi です。

気温の変化が激しいこの時期、

気をつけてはいたものの

しっかりと体調を壊してしまいました、、

久しぶりの高熱に

少してんやわんやになりました(汗)

皆さんも、

この時期の体調管理、

気をつけてください😢✨

さて、

話は変わりまして

何度かご質問をいたただく

「似顔絵どうやって描いてるの?」問題。

私も、

最初は正解が分からず、、

製菓のレッスンに通っていたので

その先生から教えていただいた方法で

今まで練習をしながら描いてきました。

用意するチョコレートは

「パータグラッセ」

という、コーティング用チョコレート。

テンパリング済みのチョコレートで

常温でパリッと固まってくれる優秀なチョコ。

製菓材料店で購入できますよ😊

ちなみに、

私は富澤商店でいつも購入させてもらってます。

こちらのリンクから富澤さんのオンラインショップへ

飛ぶことができるので是非チェックしてみてください。

まずは、

このパータグラッセの「ホワイト」を

湯煎で溶かし、

土台を作って行きます。

溶かしたチョコを

クッキングシートに流して

冷蔵庫に入れて固めておきます。

この白い部分です。

作りたいサイズにスプーンなどで伸ばして

形を作っていくとうまくできます。

そして、

パータグラッセの黒を溶かして

コルネを作って流し入れます。

コルネはOPPシートで作っています。

そして、

冷えて完全に固まった

ホワイトチョコの土台に

コルネで顔を描いていきます!

髪の毛など一本一本丁寧に描いていきます。

私は最初に輪郭を描いてます。

このような、

帽子をかぶっている時なんかは

小筆で塗ってあげます。

コルネで描きにくい場合や

輪郭やパーツを微調整する場合は

写真にもある赤いピックでチョコを削って

地道に似せていきます。

最初は難しくて時間もかかりますが

絵が好きな人にとってはとても楽しいと思います。

パータグラッセには、

抹茶やストロベリーの色付きチョコもありますし

アイシングなどの食用色素で

着色のできるチョコレートもあるので

リップやチークなど描くときの色付けも簡単です。

ぜひチェックしてみてくださいね◎

もちろん焼き菓子やボンボンの

コーティングにも使えます😊

この機会に

似顔絵プレート、挑戦してみては?✨

それでは、

本日はこの辺で。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

Yume no okashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です